;

2021.09.30

二世帯住宅の間取り相談をお考えの方へ

二世帯住宅の計画を進める際にどんな間取りにしたらいいのか悩んでしまう方は非常に多いです。自身の敷地条件や家族の要望とのバランスを考えた時に必ずしも実現できるかは、専門家でないと明確にわかりません。今回のコラムでは、二世帯住宅の間取りで困ってしまった時の相談先についてご紹介していきます。それでは、さっそく始めていきましょう。

二世帯住宅の間取りを相談する候補!

二世帯住宅の間取りの相談先は次の3つがあります。

・ハウスメーカー

・工務店

・設計事務所

次の項でそれぞれの相談先候補の特徴を簡単にご紹介します。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの利点は間取りや仕様がある程度決まっていることで、設計から引き渡しまでのスパンも短くコストが安く収まることです。「安くて早い!」をご検討されるならハウスメーカーに二世帯住宅の相談をしてみると良いかもしれません。しかしながら、間取りの相談については、あまり柔軟な対応をしてもらいにくい場合もあります。また、ハウスメーカーは営業担当者と設計担当者が異なる場合がほとんどです。営業担当者から伝え聞いた通りにいかないなどの場合も二世帯住宅の場合はよくあります。

工務店

工務店は施工を得意としています。二世帯住宅を依頼する場合は、中小規模の工務店に依頼することになるかと思います。中小規模の工務店の場合は社員大工を抱えている場合が多く比較的丁寧な仕事をしてくれることが多いです。しかしながら、設計(=意匠デザイン)を細かく見ることができる工務店が少ないのが現状です。性能面を担保することはできても、間取りなどのプランニングやデザイン性で少し不安かもしれません。

設計事務所

大中小、様々な規模がある設計事務所ですが、どの設計事務所も意匠設計・デザインに精通した建築家がプランニングを行います。ご自身の要望もとても細かなところまで応えてもらうことが可能です。しかしながら、質の悪い建築設計事務所に当たってしまうと、費用やスケジュール面でトラブルになることもありますので、ご自身が信頼のおける設計事務所を選ぶことが重要です。

二世帯住宅の間取りを相談先は?

より細かな点まで配慮が必要になる二世帯住宅の間取りを依頼するなら、設計事務所に相談するのがよいと思います。ただし、自身にあったコミュニケーションの取りやすい設計事務所(=建築家)を選ぶ必要があるでしょう。特に二世帯住宅の間取りの相談を依頼される場合は、二世帯住宅を設計したことがある、または、二世帯住宅で実際に生活をされた経験がある建築家のいる設計事務所を探してみるのが良いでしょう。なぜなら、二世帯住宅の間取りはみなさんが想像している以上に繊細に計画を行う必要があるからです。実際に二世帯住宅で生活をされている方に依頼するとリアルな視点で生活像を描くことができます。

二世帯住宅の間取りを相談したい設計事務所が二世帯住宅の設計経験がないのですが大丈夫でしょうか?

ご家族と相談して、依頼したいと思った設計事務所を見つけたのにも関わらず、その設計事務所が二世帯住宅の設計にあまり精通していなかった場合は、住宅設計を豊富に行なっているかどうかという点と狭小住宅を設計されているかどうかという点を判断基準にしてみてください。特に狭小住宅(=敷地面積が15~20坪)の設計をされたことがある設計事務所(=建築家)の場合は、間取りの扱い方や寸法の扱い方が非常に巧みです。収納など、通常は十分に確保するのが難しい場合でも、様々なアイディアを持っています。また、1つの建物に2世帯が住むと、様々な場所をコンパクトに計画していく必要があります。したがって、狭小住宅の設計経験がある設計事務所の場合は、その点でも多少なり安心できるかもしれません。

二世帯住宅の間取りや設計・リノベーションでお困りの方

私たちドキアーキテクツは二世帯住宅の設計実績のある一級建築士事務所です。ご家族の生活に合致した完全オリジナルの間取りの二世帯住宅をご希望の方は是非ご相談ください。また、私たちは一級建築士事務所として、法律や技術など建築に関する専門的なノウハウを駆使してお客様の二世帯住宅づくりを徹底的にサポートいたします。さらに、私たちは日本国内、ヨーロッパやアジアなど各国のデザイン賞の受賞暦に裏付けされた高いデザイン性も備えております。限られたご予算の中で、最上級の二世帯住宅を作りたいという方は、下記のフォームよりお問い合わせください。


建築設計、建築事業企画・コンサルティング、事業建築のブランディングなどでお困りの方はお気軽にご相談ください。

建築設計・ブランディングに関する
ご依頼・ご相談